スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『どろろ』
ラテです( ゚∀゚)ノ

さっそく観てきた『どろろ』レビュー。
20070129220414.jpg


手塚治虫が原作ってことは知ってたけど
読んだことなく、あまり予備知識ない状態で見た。

タイトルは「どろろ」だけど
メインは妻夫木 演ずる「百鬼丸」って感じ。


見所は、妖怪を倒すごとに「百鬼丸」の体の一部が戻るシーンと
中盤の妖怪との連戦シーン。
CGはなかなか良くできてた。

ちょっとグロ目のシーン(百鬼丸の誕生シーンとか)があるので
人によっては不快感を感じるかも、俺的には許容範囲。

ラストは、続編へのフリを匂わす感じで終わったけど
やったとしても、目的が体を取り戻すぐらいしかないし
主要な部位は今回ほとんど取り返しちゃったから
「ほんとにやるの?」って感じ。

しかも、体を取り戻すたびに「百鬼丸」が
人間に戻っていく = 弱くなる わけだから
表現的にも無茶できなくなるしね~。

今回は、不死の体ってことで、普通に何回か心臓を
刺されるシーンがあったw

上映時間は、2時間半と ちょい長めだけど
そんなに気にならず。

平均以上のできと言っていいんじゃないかと。

先週みた「それでもボクはやってない」
2時間半ぐらい だったし、最近の映画は上映時間長いね。

上映前に宣伝でやってた
ペンギンの映画がおもしろそーだった。

ハッピーフィート
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/01/29 19:32】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。