みんごる6 ラテ式みんご基礎 パット基本編
ゴルフの世界では「パットを制するものがゴルフを制す」な~んて名言があるようですが
もちろん、みんごるにおいても
パットはスコアメイクの重要なファクターです。

以前、JI率はある意味天性のモノで鍛えるのは難しい 
と言ったような事を書きましたが
その点パットは、経験を積む事で誰でも上達できる部分だと思います。

ただし、最低限の知識を入れた上で経験を積むことが重要です。

とりあえず、知識ゼロの初心者が今回覚えていって欲しいのは
パットのパワーを決める計算です。

■高低差の計算(最重要)

計算と聞くと、難しく感じるかもしれませんがやり方は単純明快。

必要なのは画面上部に出るピンまでの高低差の数値です。

数字が赤い場合は、カップまで上りなので強めに
数字がの場合は、カップまで下りなので弱めに打つ必要があります。

この画像だと、数字が赤なので20cm上り。 よって、強めに打つ必要がある という事です。
のぼり

さて、どのぐらい強めで打てばいいのか? と考えた時に出てくるのが
以下の計算式です( ・∀・)っ

パットのパワー ≒ カップまでの距離 ± (高低差÷10)

* 高低差の±は、「上り時は+、下り時は-で計算する」という意味。


上の画像を例にすると
残り距離は画面左に表示されている5.6y、高低差は上り20cmなので
5.6 + (20÷10) = 5.6 + 2.0 = 7.6

つまり、7.6の強さでパットすれば、カップ丁度ぐらいに届く計算になります。

それではこの画像ならどうでしょう
くだり

この場合、残り距離3.1mで下り4cmなので計算式にあてはめると
3.1 - (4÷10) = 3.1 - 0.4 = 2.7

2.7の強さでパットすると、カップ丁度ぐらいに届く計算になります。

思ったより全然簡単でしょう?

多分、慣れればパット見ですぐ計算できるレベルです。

多分、この計算を知らない人は
パットなんて運頼み~、難しいグリーンだと3パットは当たり前~ 

なんて感覚でやってるんじゃないかと思いますが
この計算通りに打てれば、距離があってる分 大きく外れることはないので
たいていのグリーンならツーパットで入れられるようになります。

続きは長いので裏へ( ・∀・)っ
スポンサーサイト



続きを読む

テーマ:PlayStation Vita - ジャンル:ゲーム

【2012/03/17 18:00】 | みんごる基礎知識 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
| ホーム |
ブログパーツ