スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
3月13日(日)地震3日目 Part2
Part1 のつづき

親戚の家は、弟の友達の家と同様に
昨日の午後7時頃には電気が復活していたらしい。

安否確認はできたのですが、ちょっと上がらせてもらって
地震時の話などして、お茶までいただいたりしました。

なんかたった2日の停電を経験しただけなのに
普通にテレビが映ってたり、電気がついているだけで
別世界のように感じました。

なんだかんだで16時すぎぐらいになって
そろそろ日の入りで暗くなっちゃうのでお暇しました。
帰りにまた給水所の近くを通って見ると
全く行列が見えず空いてるっぽかったので、すぐ家に向いました。

途中、停電していた近所の信号などが復活してたので
これはもしかして家の電気も復旧した?
と思い、かなり期待して帰りましたが、結局復旧はしてませんでした。

給水所の状況について説明して、まだやってるかわかんないけど
さっそくオトンと行ってみることに。
とりあえず45Lのゴミ箱を1つとペットボトルをいくつかもっていきました。

行けるところまで車で行ってみたところ
もうほとんど行列がない状態で、公園入り口にある駐車場も空いてたので
すぐ近くまで行くことができました。

さすがに、いざ給水しようとすると
45Lのゴミ箱を使うことは、ちょっと場違いかなとためらってしまい
注意される可能性もあるかと思いましたが
持っていってみると全然普通に受け入れてもらいました。

各自がほんと自分の水を確保するのに集中してたし
給水車からの水勢があったこともあって
けっこうすぐ水もたまりました。
今回来てた給水車は新潟のものでした。
午前中あんなに混んでたのに、今は相当空いてたので
担当してた人に尋ねたところ、午前中はひとつの給水車しかなくて
給水が切れると、かなり待ち時間が発生したため混んでたようですが
途中から複数の給水車が投入され、回転率が上がったことで
混雑が解消され、現在のように空いた とのことでした。
結果的に時間を空けたことにより、待つことなく給水できたので
良かったです。

ゴミ箱への給水は、車を近くまで持ってきたこともあって
調子に乗って、ほぼ満タン近くの8割ぐらいまで入れてもらったら
ふつうにクソ重かったです。

車に乗せる事は問題なかったんですが、よく考えたら
これで運転したら絶対揺れでこぼれるだろうな・・・と。

後ろに乗せて、オトンが抑えてて
なるべく急停止・急発進しないように運転しましたが
やはり多すぎたみたいで、ちょっとした起伏などで
多少こぼれてしまいました。

安全運転でなんとか家に運んだあと、空いてたので
もう1個の45Lゴミ箱を持って、再度給水所にいきました。

今度はゴミ箱の半分ぐらいの量に抑えたので
ほぼこぼさずに運ぶ事ができました。

運び終わったころには、すっかり周りも暗くなってたのですが
かなり近所の家で、電気がついてるところがチラホラ見受けられました。

しかし、実家やわたしが住む場所はなぜか電気の復旧ラインから
外れていたらしく、電気がつきませんでした。

なんか、周りみんなが停電なら特になんとも思わないんですが
ほんと手が届く距離で電気がついている家々が見えてしまうと
なんでうちは電気が来ないんだ! 

と、行き場のない気持ちが生まれて、かなり苦々しく感じました。

電気がないの夜御飯は、ロウソクの明かりで食べて
食後の車でのナビTVタイム中ふいに
さっきまで電気がついてなかった近所の家に
電気が付いた事に気づきました。

?? と思い、外に出るとうちのアパートにも一気に電気がつきはじめました!

そうです!

ついに電気が復旧したのです!!

この時の感動といったら、ほんと言葉に表せない物でした。
わたしの地域は、地震発生から約2日と5時間で復旧しました。

さっそく部屋に入って電気をつけましたが
夜部屋が明るい事に違和感を感じてしまいました。

実家に行ってみるとネットが使えたので
その後は、テレビやネットでずっと情報収集してた気がします。

今まで見のがしていた津波映像などをネットで一気に見ました。
今回の地震で一番衝撃的だった動画

今までナビの小さな画面などで見てた映像も
TVやPCのクリアで大きな画面で見ると、受ける衝撃が全く違いました。

自宅に帰った後も、ずっとテレビに釘付けでした。
中でも仙台港近くの『夢メッセ』での津波映像には肝をひやしました。

映像は屋上に逃げた人のもので
仙台空港のように一気に津波が押し寄せてきて
車は全滅のような形で、火災も発生していました。

実は夢メッセでは、地震当日の11日~食のイベントがあってわたしも、まさに地震当日の金曜日に行ってみようと
考えた事があったので(結果的には行きませんでしたが

もしあそこで被災してたら、死ぬことがなかったとしても
車がやられてしまい、どうしようもない状況だったかもしれないと思い
改めてホッとしました。


また、ニュースでは東京電力が、『輪番停電』という聞き慣れない事を
実施するとか言いはじめてました。

ぶっちゃけ、2日以上停電を経験した直後だったこともあり

3時間ぐらいの停電なら別になんも問題ないな 
とか思いつつ見てました。

その後、『計画停電』と名を変えニュースで特集などが組まれてましたが
強制的に停電を味わった身としては
おまえら3時間程度の停電ごときで、いちいち騒ぎ過ぎだろ
な~んて思ってました。

例を出すなら、あれですよ

大雪が降る地域の人が、2,3cmの雪でパニックしている東京人を
おまえら騒ぎ過ぎ! と白い目で見てるような感覚(わかるかな?w

ある程度落ち着いた身の今なら、そこまで思わないでしょうが
その時は心が結構荒んでいたようです。

東京でさっそく「水の買占め」が深刻化 これはひどい
福島の隣県の宮城としては、とても人ごととは思えない

【よくわかる】ACの仕組み【ぽぽぽぽ~ん】
イロイロとわかりやすい。

【ポポポポーン】ACのガイドライン

ACのCMは一体いつまで流すのか
もったいないおばけ のやつは、結構覚えてるなぁ
関連記事

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

【2011/03/23 21:33】 | 東北関東大震災 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<3月14日(月)地震4日目 | ホーム | わけがわからないよ (◕‿‿◕) >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ratylog.blog91.fc2.com/tb.php/976-b4a525fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。